”笑いと気づきの呼吸体操”
身体は元気に、心はポジティブに
人間関係も改善

2019年12月13日金曜日

【コラム】幸せホルモン:オキシトシン

「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ。」とは、心理学者のウィリアム・ジェームズの言葉。ラフターヨガを体験されている皆様は、「うんうん、そのとおり!」と実感されていることと思います。

笑うと楽しくなる、ハッピーな気分になる原因のひとつに、笑うと分泌される脳内ホルモン“オキシトシン”の働きがあります。オキシトシンは”幸せホルモン“と呼ばれ、幸せな気分になるだけでなく、ストレスの緩和、不安や恐怖心の減少、他者と関わりたいという気持ちや信頼が増す、学習意欲が向上するなどの効果をもたらすそうです。

オキシトシンは好きな人とのスキンシップや友人との交流、ペットとのふれあいなどで分泌されますが、そのほかに、他人に親切な行動をして喜ばれたり、褒め言葉を言ったりすることでも増えるそうです。他人がハッピーになって、自分もハッピーになる、いいことづくめですね~♪

ラフターヨガのクラスでも褒め言葉のシャワーを皆でかける、浴びるワークをします。とっても気分がいいですよ~♪言われている本人だけでなく、言っているほうも気持ちいい。日常生活でも、周りの人のちょっとした素敵なことをみつけたら、ぜひ、褒めてみましょう!

Share: