”笑いと気づきの呼吸体操”
身体は元気に、心はポジティブに
人間関係も改善

2020年2月4日火曜日

【コラム】心のフォーカスで見える世界が変わる:笑いの効用

今日は立春。春が来たんだな~と思いながら、車の窓の外をみたら、近所のお宅の庭に黄色い菜の花が咲いているのに目がとまりました。

あんなに鮮やかな黄色なのに、今まで気が付かなかったわ~と思って他のお宅の庭にも目をやると、クリーム色の木蓮や、ピンクの梅が満開になっていたり、、、春らしいお花たちがどんどん目にはいってきました。

一度何かに気づいて見渡すと、どんどん見えてくる、そんな経験ありませんか?
「春」「お花」にフォーカスしていたので、あれも、これも見えてきたんですね。

ラフターヨガのエクササイズで笑う機会がふえると、身体が笑うことに抵抗がなくなるので、小さなことでも笑いやすくなります。一般の人よりも笑うスイッチが入りやすくなる、という表現が分かりやすいかもしれません。

「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」という幸福論のアランや心理学者ジェームズの言葉がありますが、笑っていると、楽しい、嬉しい、微笑ましい、喜ばしいことに心がフォーカスしやすくなるんですね。

そうすると、同じことが起こっても、嬉しいこと、微笑ましいことが見えたりします。

例えば、駅構内でベビーカーに乗った男の子が金切り声を上げて身体全体をくねくねさせてお母さんにイヤイヤを訴えていたことがあるんですが、周りの皆さんが眉をしかめている中で、私にはプッと笑えてしまい(もちろん、気づかれないように笑いましたw)、ちょっと微笑ましい気持ちになり、思い切り自分の気持ちを表現できるってスゴイな~なんて思ったことがあります。

「楽しい、嬉しい、微笑ましい、喜ばしいこと」にフォーカスが当たっているので、そういったものが見えてくる。引き寄せの法則というのも同じ原理だと思います。ものごとには何にでも様々な側面があるので、せっかくなら毎日が楽しくなる、嬉しくなることを感じて過ごしたいですね♪

日常生活のなかで、今、ご自分の心がどんなものにフォーカスしているか、に気づいて、意識的に「気持ちよいもの、楽しくなるもの」に向けていくと、同じ毎日でも、違う毎日になりますよ♪
今まで見ていた世界も変わってくるかもしれません。
ぜひ、お試しください♡

Share: