”笑いと気づきの呼吸体操”
身体は元気に、心はポジティブに
人間関係も改善

PROFILE

橋枝 沙斗子 Satoko Hashieda(さとちゃん)
微笑みメンタル・トレーナー

誰でも楽しみながら続けられる“マインドフルネス・ラフターヨガ”を手段として、ミッションである”自他の抜苦与楽“を実現中。

自然の中にいること、身体を動かすアウトドアスポーツが大好き。
’98年にバックカントリー・スノーボードで大怪我をし、ヨガに出会う。不自由な身体、高齢者の多い病棟に入院したことで価値観が変わる。

05年、友人が抗がん剤の服用からうつ病になり、自殺したのをきかっけに、未病のためのヨガを考える。心と身体の関係に興味を持ち、インド哲学やチベット仏教を学び、マインドフルネスやヴィパッサナー瞑想を実践。

07年に南米パタゴニアで3週間のボランティア活動に参加したときのこと、肉体労働の日々の中、パーティーの夜に楽しく酔って気持ちよく踊りまくった翌朝、筋肉痛が全く無くなっているのを経験。身体はどのように動けば治せるのかをすでに知っている、つまり、心地よい動きが自然治癒力を促進することを実感する。

09年、アシュタンガ・ヨガの修行をしにインドへ行く。ヨガの知識が深まり、インナーピース(心の中にある平穏)に気づいてワークライフ・バランスのとれた充実した生活をおくり、サーフィンを楽しむ。

16年、重度のドライアイになり、オフィスでの定時勤務ができなくなる。原因がレーシックなら、将来オフィス勤務ができなくなる可能性があり、シングルマザーとしての経済的な不安も重なり、精神的に落ち込む。無理にでも笑わなければと思い、ラフターヨガを始める。皆と一緒に笑うと不思議と自信がわき、思考がポジティブに。治った後で、酷いドライアイの原因は過度のストレスだったことに気づき、自覚できないことの恐ろしさを知る。

そして、ストレスのセルフケアや健康のお役に立ちたいという思いから、誰にでもでき楽しみながら続けやすい『マインドフルネス・ラフターヨガ』を教える。

禅語をテーマに軽やかな心と氣が流れる身体を育むクラスや、無償の愛をくれるワンちゃんとの「愛犬セラピー」をオンラインで開催中。

ミッションは「自他の抜苦与楽」。苦しみから解放され、肩の力を抜いて、人生を最高に楽しめるように。一人が平和で幸せになれば、それは家族や職場の人たちに影響し、そして、地球全体が平和で幸せになる、と信じている。

【主な肩書、経歴】
ラフターヨガ・インターナショナル認定リーダー
『マインドフルネス ・ラフターヨガ鎌倉長谷』主催
鎌倉市給食職員研修、企業研修などの講師経験あり
プラユキ・ナラテボー師『鎌倉瞑想会』主催
全米ヨガアライアンス200時間取得
パタゴニア日本支社勤務
Santosha Inc. 代表