”笑いと気づきの呼吸体操”
身体は元気に、心はポジティブに
人間関係も改善
  • “今、ここ”の“あるがまま”に気づき、受けとめ、手放す。人生という川が楽に流れていく
  • 不要な思考や感情を手放すと、頭は空のように澄み渡り、心は地平線へと広がっていく
  • ”楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ”。右脳が活性化、幸せホルモンが分泌
ラベル 瞑想 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 瞑想 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2020年11月23日月曜日

【コラム】太陽礼拝と太陽光の瞑想でエネルギーをチャージ

 晩秋になり空気が乾いて、空の透明度が上がってキレイですね♪


先日、種子島の岬の先端で、海から昇る御来光(写真)を拝みながら太陽礼拝をしました。


輝きを増していく太陽に向き合ってアーサナ(ポーズ)を行うのは、いつ、どこでやっても、神聖な気持ちになります。


はるか昔に漂流した外国船がたどり着いた岬の先端で、優しい海風に撫でられながら、朝日から海に伸びる光の道のその上で太陽礼拝という踊りを踊っているような、特別な気持ちになりました。


太陽礼拝の後、第三の目(眉間の間のアルジュナーチャクラ)に太陽光線を感じながら少し座り、これがまた気持ちよかったです♪(やり方についてはご参考まで後述します。)


この日、面白かったのが、朝のこの体験のおかげで、一日中、ずっとハッピーオーラに包まれて、幸せを感じて過ごせたこと。


波も自分のサーフィンも、前日とそれほど変わっていないのに、自分のハートが早朝からすごくハッピーになっていたので、起きることすべてが前日より格段に素晴らしく感じて、ニコニコ幸せな気分になるんです。


すべては自分のハートが作りだしているんだなぁと実感しました。


【太陽礼拝でエネルギーをチャージする方法】


さて、太陽礼拝を普段やっている、知っている方は多いと思うのですが、ただポーズをするだけではもったいないので、ちょっと専門的になりますが、太陽のエネルギーをしっかりとご自分の身体にチャージする、私なりのやり方を参考までにご紹介したいと思います。


(以下、太明陽礼拝Aについて、ポーズ自体の説明は省きますので、ご存じでない方はYoutubeなどでご覧いただけると理解いただきやすいと思います。)


まず、タダアーサナ(立位のポーズ)で両手の中指の先から大地へ向けて、レーザー光線のようなまっすぐなエネルギーが出ているイメージをします。


吸う息で、指先から発射しているエネルギーを天空へ向けて、見つめた指先から天のエネルギーをもらいます。

吐く息で、鼠径部から二つ折りになって前屈し、指先が遠くを通りながら、水平線へ、大地へとエネルギーのビームを発射し、頭が下になった時には尾骨から背中を通ってエネルギーが滝のように大地へと流れ込んでいるイメージをします。


以下、短く、エネルギーの方向だけ書きます。

次の半分の前屈では頭頂から水平線へ、アップドックでは頭頂から斜め上の天空へ、ダウンドックでは手から大地のエネルギーが尾骨へ抜つ、かつ、足の裏から尾骨へ向けて大地のエネルギーが上ってくる、そんなイメージです。


ひとつひとつの動きをマインドフルに、身体のどこがどう動いているのか、今はどちらの方向へエネルギーが流れているのか、意識するだけで太陽礼拝がぐっと深まりますので、ぜひお試しください。


ポーズのヨガ(アーサナ)は「動く瞑想」と言われますが、マインドフルネスだけやっていらっしゃる方も、太陽礼拝Aはとてもシンプルな動きなので、やってみていただけるとよいなぁと思います。


また別の機会に詳しく書きたいと思いますが、ポーズのヨガは背骨を曲げたり、伸ばしたり、ひねったりしながら、背骨の近くを流れるエネルギーの通り道(スシュムナ)を整えて、また、エネルギーの縛り目を解いて流れやすくします。


体内のエネルギーが流れやすくなり、リラックスして深い呼吸ができるようになると、瞑想も深まりやすくなると思います。


【太陽光線を使った瞑想】


太陽の光はどこにでもありますので、屋外でなくても、窓ガラス越しに部屋の中でもすることができます。


具体的には呼吸に意識を向けて、繊細な感覚を感じとれるようになった状態で、チャクラの場所に太陽の光が当たる温かさを感じます。その一点に集中して繊細な感覚を観察します。

だんだん慣れてくると、チャクラがくるくる回る感じがあるかもしれません。


私は朝、緑地を散歩するときに、朝日が差し込む場所に少し立ち止まって、光を当てやすいアルジュナチャクラ(第三の目)とビシュヌチャクラ(喉、クリエイティビティ)、アナハタチャクラ(胸、愛)にささっと太陽からのエネルギーをチャージしたりします。


その下のマニプーラやムーラダーラチャクラも太陽光が当たるイメージをすれば、パワフルな瞑想を行えますが、こちらは室内で座って行ったほうが、私はやりやすく感じます。


ちなみに、月光を使ったチャクラ瞑想もあります。

月光は目で直視できるので、まず両手を重ねて作った被いの穴から月を見つめてから、各チャクラへ意識を向けます。パワフルな太陽とは違った、優しいエネルギーの月光でチャクラを活性かして瞑想するのは気持ちの良いものです。


月が明るい夜に部屋の明かりを消して、窓際に座って、月の光を感じながらただ座ることもあります。優しくたおやかなエネルギーが空から降り注いでくるのを感じます。


瞑想のスタイルは様々ありますが、ご自身が気持ちよいと思うものを選んで、楽しんで行っていただくのが良いと思います。

この記事が何か、皆様のお役に立てれば嬉しいです。



 






Share:

2020年6月23日火曜日

【音瞑想レポート@夏至&新月】

夏至の早朝、音瞑想に参加しました。
地球と月と金星と太陽が一直線に並ぶ特別な日。素晴らしい体験だったのでシェアします。

緑あふれる公園の中の苔むした岩に囲まれた静かな場所で、輪になって座り、お互いの声が醸し出す波動に身をゆだねました。

音の波動を使ったチャクラを刺激する瞑想は気持ちよいものですが、シンギングドラムなどの楽器の音による受動的なものと比べて、能動的に発声するので楽しい。

そしてVamやRamなどの言葉や音階が決まっていて発声するものも違い、好きな音階と音量で、自分の心のおもむくままに発声するので、とても自由。私は動物的な心地よさを感じました。

本能のままに発声していると、自分自身がラジオのように、宇宙の音と繋がるチューナーになっているような感覚。下のムーラダーラチャクラは大地と共鳴、上のサハスラーラチャクラは自分でも聞いたことの無いような高音になり天へ発信、また胸のアナハタチャクラあたりに戻ってくると勝手にちょうどよい音階に変わって、まさにラジオ。

天へ昇って下りてくる往復が気持ちよかったです。チャクラに対応した音階はこうやって先人のヨギーが見つけてくれたんだな~と感心しました。

ラフターヨガのクラスで、自分が動かしたいなあと感じるところを自由に動かすのがいい、と伝えていますが、身体はもともと知っているんですね~。

自由にお任せしておけば、心地よい音を選んで発声してくれる、そんな気づきがありました。大きな音をお腹の底から放って力強さを感じたり、優しく小さな声を響かせて周囲の緑と調和したり、身体が喜んでいるのを感じました。

そしてもう一つの発見。普段の瞑想中にチャクラがくるくる回る感覚があるのですが、その時に発声したことは今までなかったので、自分の声がくるくる回る音を初めて聞きました。ビブラートではなくてコロコロと回る声。面白かったです。

講師の山口愛さんの歌声を初めて聞いたのは、数年前、発酵好きの仲間と行った、寺田本家の蔵の中で。愛さんの美しい心が蔵の中に鳴り響いて、涙があふれました。

その愛さんと再会したのは、島田由香さんの567abilityというグループに参加して、We are the worldをZoomで歌う合唱練習で。由香さんが歌詞の意味を丁寧に解説してくださって、愛さんが丁寧に発声を教えてくださいました。
平和を願いながら皆で歌う、素晴らしい企画。由香さんや愛さん、コアメンバーの方々に本当に感謝しています。

それがきっかけで、愛さんのVOICEトレーニングにZoomで参加。Zoomだと自分にしか声は聞こえないので、大声して音程がはずれても恥ずかしくないのでおススメです。

私が教えているラフターヨガも明るい声、楽しい声が脳に与える影響を使っているのですが、歌も同じなんですね。
口角を上げた明るい歌声、美しくポジティブな言葉の歌詞が脳に与える影響はすごいです。

ちなみに私はキッチンでお料理する時に、YouTubeでChannel Aidの#Together at homeバージョンを観ながら歌っています。いい気分で作ると、美味しいご飯が作れますよ♪

話しは戻って、愛さんの音瞑想、ボイトレ、両方お勧めです。


Share:

講師プロフィール



オンライン講座

ストアカ

橋枝 沙斗子

”微笑みヨガ”で自己肯定感を高め、幸せメンタルに!