”笑いと気づきの呼吸体操”
身体は元気に、心はポジティブに
人間関係も改善
  • “今、ここ”の“あるがまま”に気づき、受けとめ、手放す。人生という川が楽に流れていく
  • 不要な思考や感情を手放すと、頭は空のように澄み渡り、心は地平線へと広がっていく
  • ”楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ”。右脳が活性化、幸せホルモンが分泌

2020年7月23日木曜日

【禅語】「無功徳」 見返りを求めない純粋な行いに価値がある。その理由とは?

今朝のクラスのテーマは「無功徳:むくどく」。深~くて、なるほど~と思う言葉です。

功徳とはご利益(ごりやく)のこと。
禅の開祖の達磨大師が仏門に熱心な武帝に言った言葉だそう。

武帝はお寺を経てたり、僧を育てたり、写経をしたりしていたので、「この先に私にはどんなよいことがあるでしょう?」と聞いたところ、達磨大師は「無功徳」、つまり「何もない」と答えました。

なぜなら、素晴らしい「目的」のための行為が、見返りを求め始めると、せっかくの善い行いも「目的」ではなくて、見返りを手に入れるための「手段」になり下がってしまうから。

知らず知らずに、「目的」が「手段」にすり替わってしまう?!
キャ~!怖くないですか?

例えば、大好きな人の喜ぶ姿が見たくて世話を焼いていたのに、ふと気づくと、もっと愛してくれないと嫌だとか、こんなにやってあげたのだから、私の喜ぶこともして欲しい、、、などと思い始めたら、もう、それは純粋で素敵な愛の気持ではないですね。
ぞ~っとする怖い話しですけど、あるあるかもw!

人間関係でも、仕事でも、やりたいと思った時だけではなくて、やらざるを得ない行為もありますが、「やろう」と決めてやり切ったら、後はスパッと爽やかに、何の見返りも求めない!スッキリ、やりきった清々しい気持ちを感じて、終わり。

その素晴らしい行為をしていること自体に意味がある。自分自身にとってのご利益があるからです。

私もヨガやブッダの教えに出会うずーっと前は、ボランティアなどの奉仕は「人のため」にするんだと思っていました。今は人のためではなくて「自分のため」にする、ということがよーく分かります。
つまり、人が幸せになってくれる、そこに自分の喜びが生じるので、自分のために役立つ行為をさせていただいている。マズローの欲求ピラミッドの一番上、「自己実現欲求」のパートを満たしてもらっているんです。

それに、「無功徳」の主旨とは少しずれるようでいて、本質的に一緒のことなのではと思うのが、『Give&Take』という本で心理学者のアダム・グラントさんが述べている”利他的な行いをするGiverが長期的に成功を収める結果になる”という事実。

行為の見返りを求めるTakerは、短期的には良さそうに見えても、Giveを続ける人徳のある賢い人物のほうが成功するというのは納得できますよね。

1.素晴らしい目的が、手段になりさがっていないか、気づきをもってチェックする。
2.ちょっと大変なことを誰かのためにやった時、見返りを期待しない。やりきった、晴れ晴れとした気分を味わう♪

今朝のクラスではラフターエクササイズでこの二つを体感し、チベット瞑想のひとつ、トンレン瞑想(誰かの苦しみ・痛みを引き受けて、癒しの光に変えて与える)をやりました。
皆さん、気持ちよかった~と言ってくれました♪嬉しい♡

「無功徳」はお宝ワード♡
達磨さん、どうもありがとう!


Share:

2020年7月1日水曜日

【7月の予定】鎌倉長谷公会堂クラス再開!オンラインも継続♪

変化の激しい世の中、ちょっとしんどいな~、と思ったら、息を止めていないかどうか、確認しましょう。
鼻からゆっくり息を吸って、口から「はぁ~」っと息を吐きます。
そして、にっこり笑って鼻から息を吸いましょう。
自然な、ゆっくりな鼻呼吸で、心が整っていきます。

今月から長谷公会堂が使用できるようになりました!やったーイエーイ♪
久しぶりにリアルで皆様にお会いできるのを楽しみにしています~♪♪

◆リアル開催

7月19日(第3日曜日)12:30~13:30 
会場:長谷公会堂神奈川県鎌倉市長谷1-12-5 江ノ電長谷駅より徒歩5分。
参加費:500円( 飲食は今月は不可のためティータイムはありません)

※ヨガウェアでなくてOKです。動きやすい服装で、飲み水をご持参ください。定員の関係で参加予定の方は記入フォームよりご連絡ください。

長谷公会堂クラスの感染防止策
① マスク着用 
② 参加人数10名まで
③ 入室時消毒液の使用の徹底
④ 発熱等、体調不良の方は参加ご遠慮下さい

◆オンライン開催
毎回、ひとつの禅語をテーマに選んで、マインドフルネス・ラフターヨガ
第2・第4水曜の朝、参加費500円

7月8日(水) 8:00-8:30
7月22日(水) 8:00-8:30
詳細とお申込みはこちらへ:

お会いできるのを楽しみにしています♪



Share:

2020年6月23日火曜日

【音瞑想レポート@夏至&新月】

夏至の早朝、音瞑想に参加しました。
地球と月と金星と太陽が一直線に並ぶ特別な日。素晴らしい体験だったのでシェアします。

緑あふれる公園の中の苔むした岩に囲まれた静かな場所で、輪になって座り、お互いの声が醸し出す波動に身をゆだねました。

音の波動を使ったチャクラを刺激する瞑想は気持ちよいものですが、シンギングドラムなどの楽器の音による受動的なものと比べて、能動的に発声するので楽しい。

そしてVamやRamなどの言葉や音階が決まっていて発声するものも違い、好きな音階と音量で、自分の心のおもむくままに発声するので、とても自由。私は動物的な心地よさを感じました。

本能のままに発声していると、自分自身がラジオのように、宇宙の音と繋がるチューナーになっているような感覚。下のムーラダーラチャクラは大地と共鳴、上のサハスラーラチャクラは自分でも聞いたことの無いような高音になり天へ発信、また胸のアナハタチャクラあたりに戻ってくると勝手にちょうどよい音階に変わって、まさにラジオ。

天へ昇って下りてくる往復が気持ちよかったです。チャクラに対応した音階はこうやって先人のヨギーが見つけてくれたんだな~と感心しました。

ラフターヨガのクラスで、自分が動かしたいなあと感じるところを自由に動かすのがいい、と伝えていますが、身体はもともと知っているんですね~。

自由にお任せしておけば、心地よい音を選んで発声してくれる、そんな気づきがありました。大きな音をお腹の底から放って力強さを感じたり、優しく小さな声を響かせて周囲の緑と調和したり、身体が喜んでいるのを感じました。

そしてもう一つの発見。普段の瞑想中にチャクラがくるくる回る感覚があるのですが、その時に発声したことは今までなかったので、自分の声がくるくる回る音を初めて聞きました。ビブラートではなくてコロコロと回る声。面白かったです。

講師の山口愛さんの歌声を初めて聞いたのは、数年前、発酵好きの仲間と行った、寺田本家の蔵の中で。愛さんの美しい心が蔵の中に鳴り響いて、涙があふれました。

その愛さんと再会したのは、島田由香さんの567abilityというグループに参加して、We are the worldをZoomで歌う合唱練習で。由香さんが歌詞の意味を丁寧に解説してくださって、愛さんが丁寧に発声を教えてくださいました。
平和を願いながら皆で歌う、素晴らしい企画。由香さんや愛さん、コアメンバーの方々に本当に感謝しています。

それがきっかけで、愛さんのVOICEトレーニングにZoomで参加。Zoomだと自分にしか声は聞こえないので、大声して音程がはずれても恥ずかしくないのでおススメです。

私が教えているラフターヨガも明るい声、楽しい声が脳に与える影響を使っているのですが、歌も同じなんですね。
口角を上げた明るい歌声、美しくポジティブな言葉の歌詞が脳に与える影響はすごいです。

ちなみに私はキッチンでお料理する時に、YouTubeでChannel Aidの#Together at homeバージョンを観ながら歌っています。いい気分で作ると、美味しいご飯が作れますよ♪

話しは戻って、愛さんの音瞑想、ボイトレ、両方お勧めです。


Share:

2020年6月11日木曜日

【禅語のテーマ】両忘

最近のSNSの騒ぎをみると、「いいね」「悪いね」の親指のアップ&ダウンに慣れ親しんだせいでしょうか、「良い・悪い」、「好き・嫌い」の二極で大勢の人が意思表示をし、酷い場合には「悪いね」の人が大群となってバッシングをするのを目にします。

もちろんSNSによって民意の力が政治に影響を与えたり、良いところはあります。
ここでお伝えしたいことは何かというと、善か悪か、真か偽か、好きか嫌いか、損か得か、美しいか醜いか、など白黒つけることの意味について。

白黒つけることに、どれぐらい意味があるでしょうか?生産的な議論になっていますか?

政治家の発言が、嘘か真か、もちろん追求する必要はあるけれども、真偽の議論にエネルギーを使うよりも、それを発言した政治家の態度や、その人に政治を任せてよいのかというもっと大きな大局を観るほうに焦点を当てたほうが、よりよい未来に繋がりそうですよね。

それに、白か黒かを決めつけず、ありのまま、グレーを許容するほうが、現実的だったりします。例えば、その政治家は違反をして黒なんだけれども、国民に利益を与えるためにやむを得ない理由があり、グレーとも見なせるとか。

「両忘」(りょうぼう)とは、二極的な考え方や判断を手放すこと。白も黒も忘れて、あるがままを観る。そして不確定な曖昧も受け入れる。分からないものは、分からないものとして、そのままを受容する。

白か黒か、不毛な議論を続けるよりも、ゴールを見据えて、必要ない議論や判断は切り捨てて、前に向かって合理的にすすめるための智恵にあふれた言葉。

誰が言ったかの記録がなく、口伝えの禅語です。価値があるからこそ語り継がれてきた、宝の言葉ですね。

「両忘」を心がけると、悩みがなくなったり、す~っと肩の荷が下りて楽になります。どっちでもOK、と許容して、自分が幸せになったり、結果が出る道を選んだりしましょう。

例えば、「勤勉と怠惰」という尺度を大事にしている人がいたとして、何かするごとに「勤勉でなくてはいけない」と厳しく自分に課していたら、息切れがしてしまいますね。
今日はお休みをとってゆっくり過ごそう、というのは「怠惰」のように見えますが、疲れた体にとっては大事な休養。

二元論とは平面の、直線上にある概念ですが、実際の世界はもっと立体的。平面で判断できるものなどはなく、3Dで判断しなければ本当の正解は見つかりません。

先の例ですと、体調管理という軸で観たら、「怠惰」はマイナスではなくて、むしろプラスですね。

「両忘」は私たちが陥りやすい、浅薄な思考に警鐘を鳴らしてくれる、先人の智恵の言葉だと感じます。


Share:

2020年6月4日木曜日

【禅語のテーマ】結果自然成

6月も残念ながら、鎌倉長谷公会堂は使用中止となりました。
Withコロナ、しばらくはオンラインでのクラスを毎週水曜日の朝8:00-続けていこうと思います。
オンラインにも良さがあって、遠方からご参加の方や、数年ぶりに再会する方など、毎回出会いの喜びがあり、画面越しに皆の笑顔を一覧で眺めて笑うのも、楽しいものです♪

さて、昨日のクラスのテーマは、結果自然成(けっかじねんになる)。
達磨大師の言葉とされる全文は、「一華開五葉、結果自然成(いっかごようをひらき、けっかじねんになる)」。蓮の花が5つの花弁を開いたら、あとは任せておけば自然に実を結ぶ、というのが文字通りの意味。
つまり、できる限りの最善を尽くしたら、後は心配したり、クヨクヨしたりしないで、じっと実がなるのを待てばよい、ということ。

逆にいうと、望む結果が欲しかったら、抜かりなく手を尽くして、とことんやるのが大事。やれるだけやりきったら、その後は晴れ晴れとした心で、結果を待てばよい。

アドラー心理学でいう「課題の分離」ですね。自分がコントロールできるところはやり切って、コントロールできないところについては、悩んだってしょうがないんです。
心配したってなんの役にも立ちません。自分が不健康になるだけ。不要な感情は手放して、自然の流れにゆだねましょう。

クラスでは「結果自然成」を幸せの青い鳥をモチーフに、笑うエクササイズと呼吸法で味わってみました。深い言葉です。青い鳥を呼ぶには、まず、鳥の生態を調べる、どんな巣箱を好んで入るのか調べる、巣箱を作る、設置場所を選ぶ、、、たくさんありますよね。
それぞれの工程で、これがベストなのか、自問して改善します。

もう完璧!と思ったら、巣箱を設置して、やりつくした爽快感を味わいながら、鳥が来るのを待ちます。

もちろん、最後は自然に任せるので、鳥が来ないことだってあります。
気候がよくないのかもしれないし、このあたりにはその鳥は飛来しないのかもしれないし。
その時は「結果自然成」。だめだったねー、残念でしたー、と笑います。
でも、すべてやり尽くしたので、後悔はなく、清々しい気持ちになれるはず。自然はコントロールできないのですから。

どうしても手に入れたいものがある時。
この心持ちを覚えておけば、苦しくならずに、爽やかに、それを取りに行けそうですね♪


Share:

2020年5月20日水曜日

【禅語のテーマ】日々是好日

今朝のクラスのテーマは「日々是好日」(にちにちこれこうじつ/こうにち)。
大好きな言葉。雲門禅師のお言葉だそうです。

毎日が素晴らしい日。響きは明るく、楽天的に聞こえますが、深いな~と思います。

人生の限られた時間の中で、毎日はどんな日であっても、かけがえのない一日。
一瞬一瞬を大切にしよう。そして、残念なことが起きても、それを学びに変えさえすれば、毎日が素晴らしい日である。良い悪いという区別を手放すともいえます。

今日は失敗しちゃったなー、嫌なことがあったなー、と思ったとき。
実はそこから得られる学びがたくさんあります。

なぜ、それが起こってしまったのか?と原因を分析して気づきを得たり、不愉快な思いをしたのなら、同じことが起こらないようにするには?と解決策を考えたり、、、。

残念な体験があったからこそ、前よりもひとつ成長することができます。

今朝のクラスでやったエクササイズの一部をご紹介すると、、、

まず、「失敗しちゃった~」と笑う。やってしまったことは元に戻せませんからね。
そして、「ごめんなさい~」と心の底から許しを請いながら笑う。心から愛を贈りながら笑う。なんで失敗したのかな?と原因を分析して、「なるほど~」と発見して笑う。もう次は「大丈夫~」と笑う。

もちろん現実では笑えない失敗もありますが、日頃から笑って対処できるマインドを持って備えておけば、「日々是好日」になりやすいと思います。



Share:

2020年5月16日土曜日

【朝活がバージョンアップ】禅語をテーマに!マインドフルネス禅ラフターヨガ

オンラインの講座に参加するのが生活の一部になってきた方、いらっしゃるのではないでしょうか?
特に朝活は起きたらすぐに参加できて、リアルより参加しやすいですよね!
Withコロナ、Afterコロナの新しい生活パターンに上手にオンライン朝活をとりいれていきましょう♪

来週の水曜、5月20日より、朝活が「マインドフルネス禅ラフターヨガ」にバージョンアップします!

「心・頭・体」三位一体のエクササイズで、ストレスを減らして、楽に、効率よく物事をこなせるマインドを育み、心身共に健康で幸せを感じられる状態へ導きます。

私はクラスで体感していただいた気づきを、日常生活の中で実際に活かしていただきたい、と常々思っています。

そこで、毎回テーマとなる禅語をご紹介して、その意味するところを頭で理解するだけでなく、呼吸法や笑いヨガを通して身体や心に染み込ませていく、オリジナルな手法を開発しました。

人間は五感を通して得た情報をラベリング(言葉、感覚、匂いなど)して脳内に記憶するということが脳科学の研究で明らかになっています。

いつものエクササイズの体験が禅語とセットになってラベリングされることによって、脳内の記憶により定着しやすく、日常生活のふとした場面で、禅的な心の持ち方が頭に浮かんで、行動に反映されやるくなるのではないかと思います。

また、人間は一日で7割のことを忘れてしまう「忘却曲線」というのがあるのですが、繰り返し復習すると曲線が上向きになり、忘れにくくなり、定着するそうです。つまり、逆にいうと、自分で呼吸法や笑うエクササイズの動作をするたびに、禅語が頭に浮かんだら、本で読むだけでは忘れてしまう言葉も、ご自分のものにできますよね♪

気分が落ち込みそうなとき、不安が頭をよぎった時、どうすればよいのか迷った時などに、美しい禅語の響きを思い出すことで、その言葉を紡いできた方々の思いが、ご自分を導いてくれるのを感じるはずです。

心と頭だけでなく、with/afterコロナ時代には身体を健康に保つのもモチロン大事。

笑いは免疫力を高め、自律神経や血圧を調整し、右脳を活性化、認知症予防にも役立ちます。3分間の笑いは10分間の有酸素運動と同じ健康効果があるといわれます。
ウィルスに負けないよう、免疫力を高めて、呼吸筋を鍛えましょう!

毎週水曜朝9:00-を予定しています。ご参加方法など詳細はイベントページをご覧ください

オンラインのおかげで遠くの方と会えるのも嬉しい!
皆様にお会いできるのを楽しみにしています~♪

Share: